赤富士の美味しさの秘密

1.世界各国の良質な豆を使用
店主が確かな舌で厳選した、良質な豆を使用しています。
焙煎前の生豆は薄緑色です。よい生豆は鼻腔をくすぐるようなフレッシュな香りがします。
珈琲豆の大部分は発展途上国で生産されます。生産国の諸事情により産地や工場までしか生産履歴が追えない豆や、農園や品種まで分かる豆もございます。

 

 

 

 

2.ハンドピック(焙煎前)
どれだけよい豆でも少なからず欠点豆(カビ豆や虫食い豆など)が混入しています。3度のハンドピックで欠点豆を完全に取り除き、それぞれの豆の特徴を最大限引き出せるよう一粒一粒を選び抜きます。

 

 

3.正しい焙煎
ムリ・ムラ・ムダの無い正しい焙煎を心がけています。また店主がそれぞれの豆にあったベストポイントで煎り止めしています。芯まで火が通った煎りムラの無いコーヒーです。 当店はクリーナー無しなので味も香りも豊かです。

 

4.ハンドピック(焙煎後)
色付かない豆や割れ豆など、焙煎後に発生した欠点豆を3度のハンドピックで取り除き、味を整え純度を高めます。

 

 

5.カップテスト(香味検査)
店頭に並べる前にカップテストを必ず行います。赤富士珈琲ではよりお客様目線で・・という思いから、もっとも普及しているペーパードリップ式で行います。香り、甘さ、後味などをチェックし、また煎り止めがズレていないか?いつもの味が再現できているかをチェックし、合格したものを店頭に並べていきます。

 

6.抽出
お客様の喜ぶ顔を思い浮かべて、一杯一杯丁寧に抽出いたします。新鮮なためお湯を注ぐと粉がおまんじゅうのように膨らみます。
三立て(煎り立て、挽き立て、淹れ立て)の風味豊かな珈琲が味わえます。

 

7.出来上がり
赤富士のコーヒーは雑味が無く、コーヒーが苦手な方でも美味しく飲めます。スッキリとした香り高い珈琲をお楽しみくださいませ。

PAGE TOP